歯の神経を取らない3mix法

歯が割れやすくなる

三鷹市のヒロ歯科クリニック-歯が割れやすくなる

“神経取らないと駄目ですね”と言われた方は多いと思います。確かにとることが最善の場合もありますが、取らずに治療できたとしたら・・。

3mix法という3つの混合薬剤を用いた神経を取らず修復し、痛みの出にくい、再発しにくいむし歯治療があります。4つ混ぜると4mix法です。
細菌を殺す三種の抗菌剤(3mix)とマクロゴール(M)・プロピレングリコール(P)の軟膏を混合する方法もあります。

神経を抜いた歯は割れたりしやすくなり、歯の寿命が取らなかった歯に比べだいたい1/4になるといわれています。
3mix法(4mix)を使って処置した日の処置時間は少し長めですが、神経を除去する治療に比べるとトータルでかかる通院回数はかなり短縮できます。
神経を除去するとだいたい完了までに8~10回ぐらいかかってしまう上、被せものになってしまいますが、3mix法(4mix)を使って処置した場合は最短2回です。

しかし、一番のメリットは神経を取らずに治せたことにより歯の寿命を短くしないで済んだということです。
神経を除去するとそうで無い歯に比べて寿命が1/4程度になると言われています。

神経は、乳歯でも、永久歯でも取らない方が良いのです。乳歯では後に控えている永久歯に影響する場合がありますし、永久歯は何十年も使用するのに神経を取ってしまうと、血管も一緒に取ってしまうので、水分が来なくなり歯がもろくなって割れてしまったりすることが多くなります。

ただ、ほとんどの人は後で困ってから後悔するので、神経を残せたその時にメリットとして受け止める人はほとんどいないようです。

*この処置は通常の処置に比べ時間が多くかかります。また、必ず痛みが出ないというわけではありませんし、再発しないことを約束するわけではありません。ただ、年齢が若いほど成功率は高く、さらに、3mix法(4mix)を用いると用いない場合に比べて処置後の予後は良いです。

なぜ治したのに、また虫歯になるの?

虫歯は虫歯に関係のある菌が歯質に感染したことによりなります。ドリルなどを使用して感染歯質を削除しますが、このときに取り残し無く虫歯を取ったつもりでも、顕微鏡で観察すると虫歯菌はもと奥の方まで入り込んでいます。

そのまま金属などをつけるとどうなるでしょう?菌は残ったままなので、また金属の下から徐々に虫歯になってしまうのではないでしょうか?
本当に密閉されると、外部から糖質が入り込まないので虫歯は進行しないという考え方もありますが、本当に密閉されたかどうかは確認のしようがありません。

逆に、虫歯を多少残しても菌が死滅していれば問題はないわけです。ですから、肉眼では判別できない感染歯質を3mix法または4mix法のみ、または抗菌剤(3mixまたは4mix)とさらに、マクロゴール(M)・プロピレングリコール(P)の軟膏を混合する方法(+mp)を用いて殺菌することにより再発しにくくすることが理論上可能です。

*虫歯の原因はプラークコントロール不良による歯の外側からのものなどもあるので、すべてに言えることではありません。3mix法(+mp)は処置後の痛みが出にくいことが特徴で、神経を取らずに処置できる範囲がひろがります。

3mix法(+mp)を用いた歯根治療

歯の中の神経を取った歯は、神経の変わりになる人工物を歯根の中に入れて封鎖します。歯根の治療も虫歯と同じで、感染歯質を除去しますが歯根はとても複雑な形態をしており、しかも手探りで処置を行わなければならないところが大半を占めています。

ということは、感染歯質の取り残しがおきやすい。だから再発(疲れがたまったりすると歯がうずくなど)しやすい。となるわけです。 歯根の中に菌が残っていなければよいのですから、3mix法または4mix法のみ、または抗菌剤(3mixまたは4mix)とさらに、マクロゴール(M)・プロピレングリコール(P)の軟膏を混合する方法(+mp)を用いて殺菌し、再発しにくくすることが理論上可能です。

当クリニックでの症例

二つに割れた歯

三鷹市のヒロ歯科クリニック-割れた歯
海外で神経除去をしてセラミックのつめもので治したが、二つに割れてしまった歯。後日抜歯することになった。

破折した歯

三鷹市のヒロ歯科クリニック-破折した歯1
白いつめもの(真ん中の少し濃い色の所)で治してあるが、神経除去してある歯のため脆くなり破折してしまった。
3mix法(4mix)、つまり3種類(4種類)の抗生物質を調合した薬剤を用いて、通常なら歯の神経を抜くことをしなければならない症例でも神経を取ることなく治療できる範囲が広がります。
三鷹市のヒロ歯科クリニック-破折した歯2
また、治療後の痛みや虫歯の再発の軽減をはかることが可能です。もともと歯の中には神経(歯髄)があるのですから、神経を抜くことなく虫歯を治したほうが良いに決まってます。

抗菌剤(3mixまたは4mix)とさらに、マクロゴール(M)・プロピレングリコール(P)の軟膏を混合する方法もあり、より大きな虫歯にも対応できます。

3mix法(+mp)症例

三鷹市のヒロ歯科クリニック-虫歯で大きく穴が開いています。
乳歯で、虫歯で大きく穴が開いています。
三鷹市のヒロ歯科クリニック-神経を取ることは確実
虫歯を取っていくと中の神経が見えてしまいました。しかし、虫歯はまだ残っていますので、通常の処置をするともっと除去することになりますので、神経を取ることは確実です。
仮にこのまま、金属などで治しても後で痛みの出ることが多く、痛みが強い場合には結局神経を取ることが多いのです。乳歯なので神経までの距離が近く、見えてしまいましたが、通常は神経が見えてしまう前に削ることをやめて、虫歯の部分はそのまま残します。(虫歯は残っていても、虫歯菌などが殺菌されれば理論上問題ありません。)
三鷹市のヒロ歯科クリニック-神経を取らずに治療
3-mix法(4-mix)のみ、または抗菌剤(3mixまたは4mix)とさらに、マクロゴール(M)・プロピレングリコール(P)の軟膏を混合する方法を使って(小児の場合は薬剤の種類を減らします)しっかり殺菌して治療する。神経を取らずに金属を付けて処置終了。

治療期間と費用

三鷹駅駅前のヒロ歯科クリニック-9

治療期間について

  • 初診は検査と説明等を行い、次回から処置を行います。状態にもよりますがプラスティック(レジン)での処置が可能な場合、処置自体は最短1回。

費用について

  • 保険診療適用外の方法ですので、保険とは別に費用がかかります。
  • 価格は8,000円(税別)からです。
  • 治療する歯の状態、歯肉の状態、治療の難易度で値段が変わります。

ユニークな対応

保証の無い保険診療においても医院独自の規程に基づき2年間保証します。
自費診療もその治療方法に応じた期間の保証が付きます。
診療をしていない時間は無料相談の時間としています。
無料相談は当日の電話受付、当日来院のみです。電話受付の時点で予約の入っていない時間があるときのみ対応します。電話で無料相談希望とお伝えください。
なお、通常の診療予約に制約はありません。
詰め物や被せものが取れた場合、その金属を持参するとその金属の種類と形態に応じて買い取ります。また、当クリニックで外した場合も同様に買い取ります。
なお、保険の金属は金の含有量が少なく分析にかかる費用の方が高くつきますので、歯ブラシなどとの交換とさせていただきます。
小さな診療所の場合、保険診療ではクレジットカードを使用できない場合が多いです。
当クリニックでは保険診療、自費診療、物販などすべてのお支払いで使用できます。

クレジットカード利用