歯周病・歯槽膿漏治療

歯磨きで出血は歯周病

三鷹市のヒロ歯科クリニック-歯磨きで出血は歯周病

健康な歯肉だったら1年間に1回も出血しません。

歯磨き時に出血をしたら歯周病です。また、歯科医院で歯石を取る度に出血して血だらけになっている人は、多量の菌が血中に入っていくので危険です。健康な歯ぐきであれば、歯石除去などのクリーニングして血だらけになることはまずありません。

歯周病は症状がほとんど出ないため、自覚している人が大変少ない疾患です。歯周病なのに歯周病のまま詰め物や被せ物の治療をした結果、やり直しや抜歯になっている患者さんを診てきました。
どんな治療をするにしても、まず歯周病の治療から始めないと長期の結果が良くありません。

当クリニックのWEBページの症例写真はこのページの写真とは異なり、すべて歯ぐきがキレイなピンク色で、歯と歯の間の歯ぐきの形が尖っていて、赤みを帯びていなく、丸くなっていないのがわかるはずです。これは歯周病だったらまず最初に治しているからです。

歯周病・歯槽膿漏は感染します

ひとつの例があります。20歳くらいの男性患者さんが「歯ぐきから血が出る」と言って来院しました。いつから血が出るようになったか等を聞くと、実家に帰省した時に歯ブラシがなかったので父親の歯ブラシを使ったということが分かりました。普通は使わないのですが使ってしまっために父親の歯周病が歯ブラシを介して移り感染してしまったのでした。

歯磨きが出来ているか、いないかだけで歯周病になるわけではありませんし、歯磨きが出来ていないから治らないわけでもありません。歯磨きのせいだとしたら出来てないひとはみんな歯周病にならなければならないし治らないはずです。
しかし、実際はきちんと歯磨きが出来ている方でも歯周病になりますし、歯磨きがまったく出来てなくてもならない方もいます。何が違うんでしょうか?お口の中の菌の状態ではないでしょうか。

歯周病とはなにか

歯周病は歯と歯肉の間に歯周病菌が感染し歯を支えている骨を壊してしまう病気です。骨が溶けて無くなっていくため、症状が進行すると歯がぐらぐらになり、最終的には歯が勝手に抜けてきます。ほとんど痛みを伴わないため自覚することがあまりありません。歯ぐきから血や膿が出て息が臭くなります。

歯周病にかかっている患者さんは、歯ぐきから出血しやすく、血が出るということは血管が破けていることなので、そこから菌が血液中に侵入して体全体に回ります。それにより、菌血症や心臓弁膜症や腎炎を引き起こすことがあります。また、誤嚥が原因で口から肺へ菌がいく事により、老人の肺炎の一因にもなっています。

さらに免疫力の低下した患者さんでは心内膜炎を起こすリスクが高いといわれています。糖尿病の患者さんは歯周病にかかっている人が普通の人の2倍以上といわれています。糖尿病により体の機能や免疫力が低下し、歯肉や歯槽骨の破壊をすすめ、歯周病が進行してしまうのです。

その他にも歯周病菌によって心筋梗塞や心臓発作が発症したり、歯周病にかかっている母親は早産や低体重児を生むリスクが高いことなどが報告されています。また、ストレスを感じるとホルモンのバランスが崩れるため、歯周病の進行に関係しているといわれています。

ですから歯周病を治すこと、予防することは体の健康を維持する上でとても重要なことなのです。普段から歯科医院で定期検診と予防処置を受け、毎日正しいデンタルケアをつづけていれば怖い歯周病は未然に防ぐことができます。

治療について

歯周病・歯槽膿漏の治療法の主流は歯科医院での歯石取りと自宅での歯磨きで、それでも治らなければ手術するという方法です。歯周病菌などの細菌や真菌が原因による感染症なのに、歯磨きを一生懸命やるだけですべての歯周病・歯槽膿漏は本当に治るのでしょうか?

歯肉炎など、歯石取りとしっかりしたプラークコントロールのみで治癒が見込める場合はそれのみで治療をおこない、その後予防処置をおこないます。
そうではなさそうな場合は、位相差顕微鏡により歯周病菌を確認(実際にモニターで治療前の状態と治療後の状態を確認していただけます。)し、飲み薬・塗り薬・微酸性電解機能水を用いて治療します。もちろん、歯石取り、きちんと歯磨き出来るようなお口の環境作り、しっかり磨ける歯ブラシのやり方や予防の仕方も同時進行でやっていきます。

当クリニックで歯周病の専門的な治療を受ければ、歯茎から出血する、膿がでる、歯ぐきが腫れている、口臭がするなどの症状は3日から7日程度でなくなります。

当クリニックでの症例

顕微鏡像

三鷹市のヒロ歯科クリニック-顕微鏡像1
問題のない人の顕微鏡像:あまり動く菌がいない。非常にきれいな状態。あまり歯磨きしなくても歯周病や虫歯が出来ない人。
三鷹市のヒロ歯科クリニック-顕微鏡像2
歯周病の人に多くみられる顕微鏡像:ニョロニョロしているミミズ様の細菌は歯周病菌のトラポネーマー。歯周病の進行に非常に関与している。
静止画なので動いていないが、実際のトラポネーマーはニョロニョロとよく動く。
他の菌も動きます。実際にモニターに映して見ることが出来ます。

症例1

三鷹市のヒロ歯科クリニック-歯周病治療前
歯周病で歯ぐきが腫れ、中の骨が溶け、歯を支えられず歯が動いてしまっている。
三鷹市のヒロ歯科クリニック-歯周病治療後
歯周病の治療後。治療したので歯ぐきと歯がしっかりしてきて、もとの歯の位置に戻った。矯正はしていない。
歯周病を治さずブリッジや入れ歯を入れてもすぐダメになりますので注意しましょう。地盤と基礎がダメなまま家を建てていることと同じです。

症例2

三鷹市のヒロ歯科クリニック-歯周病治療前
歯周病で歯ぐきがかなり腫れている状態。少し触るだけですぐに出血する。かなり口臭もあるが本人は自覚無し。
三鷹市のヒロ歯科クリニック-歯周病治療後1
治療して1週間後。出血と口臭がほぼ無くなった。歯に付着している黒いものは歯石。歯垢と血が混ざって固まったので黒い。下の前歯の歯石を取った後に写真を取ったので、下顎前歯の歯石は無くキレイな状態です。
三鷹市のヒロ歯科クリニック-歯周病治療後2
さらに1週間後。もう汚れが溜まっている。特に下の前歯に磨き残しが多いが本人は磨いているつもり。磨き残しが出ないような歯磨き仕方を再度教えた。後日、歯ぐきの中に入り込んでいる歯石を除去した。

治療期間と費用

三鷹駅駅前のヒロ歯科クリニック-8

治療期間について

  • 軽度は3回程度、重度は10回程度の通院が必要です。

費用について

  • 保険診療適用外の方法ですので、保険とは別に費用がかかります。
  • 価格は22,800円(税別)からです。
  • 歯肉の状態、治療の難易度で値段が変わります。

ユニークな対応

保証の無い保険診療においても医院独自の規程に基づき2年間保証します。
自費診療もその治療方法に応じた期間の保証が付きます。
診療をしていない時間は無料相談の時間としています。
無料相談は当日の電話受付、当日来院のみです。電話受付の時点で予約の入っていない時間があるときのみ対応します。電話で無料相談希望とお伝えください。
なお、通常の診療予約に制約はありません。
詰め物や被せものが取れた場合、その金属を持参するとその金属の種類と形態に応じて買い取ります。また、当クリニックで外した場合も同様に買い取ります。
なお、保険の金属は金の含有量が少なく分析にかかる費用の方が高くつきますので、歯ブラシなどとの交換とさせていただきます。
小さな診療所の場合、保険診療ではクレジットカードを使用できない場合が多いです。
当クリニックでは保険診療、自費診療、物販などすべてのお支払いで使用できます。

クレジットカード利用