治療環境

クリニックの院内環境

三鷹市のヒロ歯科クリニック-クリニックの院内環境

どこの歯科医院でもだいたい器材を「完全滅菌しています」と、謳っていますが、その消毒システムや滅菌レベルにかなりの差があることをご存知ですか。消毒、滅菌する機械が導入されていたら安全ということではなく、その取扱や診療時の行動がとても重要です。

まず、診療台の上に薬剤、綿などが置いてあることをどう思いますか?診療台の上に置いてあったら治療中にいろいろそこにはねるでしょうし、その中の薬剤や綿類を取るのに、口の中に入れたピンセットや口の中を触った手で取っていませんか。そしてその薬剤や綿類は同じように次の患者さんでも使用する。これは完全滅菌でしょうか?確かに器具は滅菌消毒されているんだろうけど・・。

歯科医師が治療に使ったゴム手袋をはめたままでカルテめくったり、衛生士や助手が、ゴム手袋したまま会計したり。その手袋に見えない唾液や血液、口の中の細菌が付着しているのでは?

当クリニックでは、患者さんが自分の症状や歯の場所を説明する際には、自分の指で自分の歯や粘膜を触るのは遠慮していただいています。嫌な感じに思うかもしれませんが様々な資料や機材に唾液や血液が付着することを防止するためで、貴方も前の患者さんの唾液などが付着したものを触りたくないでしょうし、消毒必要な部分が増えてしまうからです。

そもそもすべてを完全に滅菌することは不可能で、タービン(歯を削る道具)だけ滅菌器(オートクレーブ)にかけて滅菌したところで、ゴム手袋の使い回しや薬剤の取り方を間違えていれば意味がない。 本当に完全滅菌しようとしたら、一人治療ごとに医院まるごと燃やさなければ出来ません。しかし、そんなことは出来ませんからなるべく完全滅菌に近づくよう、下記のように実践しております。なぜか?私だったらそうしてほしいから・・。

当クリニックでは治療用ゴム手袋、できないものはエプロン、テーブルシート、ヘッドレストカバー、コップなどは患者様ごとに交換し、治療用器具はすべて滅菌済み。滅菌できないものは使い捨て。
治療中に用いる水はすべて微酸性電解機能水を用い、連続的に殺菌しながら治療をおこなっています。治療後も微酸性電解機能水で診療台を拭き上げてから次の患者様をお通ししています。

微酸性電解機能水(以下、殺菌水)とは除菌用に開発された最新の機能水でほとんどの細菌やウイルスに対する殺菌効果(瞬時に効果を発現)がある水です。
当クリニックでは、この殺菌水を器具の洗浄、清掃のみならず治療台から出るうがい用の水、歯を削る道具、歯石を取る道具等(タービン、エアースケーラー等)から噴射される水にも使用しています。

治療も大切ですが、それ以前に衛生管理が大切です。治療の予後を左右するものですから。

微酸性電解機能水について

三鷹市のヒロ歯科クリニック-微酸性電解機能水について

微酸性電解機能水(以下殺菌水)とは、除菌用に開発された最新の機能水です。食塩水を電気分解したときにできる水で、次亜塩素酸の強い酸化力と残留塩素の作用により強力な殺菌力を発揮します。

殺菌水は強酸性水とは異なるもので殺菌力はより高く、最近の問題になっているB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズウイルスはもちろんのことMRSA(199もの抗生物質に耐性をしめした)、インフルエンザ、黄色ブドウ球菌にいたるまで、ほとんどすべての細菌やウイルスに対する殺菌効果が確認されています。

さらに殺菌水による殺菌方法は人体などの免疫防御システムの殺菌プロセスに酷似しているため、人体・環境にやさしく、瞬時に、より自然なかたちで殺菌を行うため、耐性菌が出来にくいのが特徴です。

しかも、水道法の46項目の基準をクリアーしており、飲料水としての水質基準や排水の基準においても合致していますので安全性が高く安心で、地球環境に対してもやさしい水です。

診療台から出る水について

三鷹市のヒロ歯科クリニック-診療台から出る水について

多くの施設では1mlあたり数千~数十万もの細菌・微生物(CFU)で汚染されている細菌入りの水で、手洗い・うがい・口腔内洗浄・術野への給水が行われている実態が伺われます。

歯科ユニットの細菌汚染は深刻です。これは、「周知の事実」として取り扱われ、 米国では歯科ユニット汚染が原因となったスケーリング治療後の(菌血症を介した)脳膿瘍発症→死亡事例についての司法判断が下されるなど、すでに看過できない事態にも至っています。また歯科治療にあたっては、(細菌・ウィルスを含む)ユニット水の治療室内飛散が避けられず、免疫力の極端に低下した患者さんに限らず、感染リスクの高い劣悪な環境での診療がなされているのが現状です。

米国CBSニュースの調査(1999)
New Yorkの歯科医院15院で、ドリル・シリンジから採取された水の72%が飲用不適でADA基準を満たさず、多数の細菌に汚染されている。サンプル中には、100万CFU/mlを超える細菌が認められるものもあった。

米国ABCニュースの調査(1999)
治療用の水のサンプルのうち90%が連邦飲料水基準を満たさず、その2/3が直前に治療した患者の口腔内細菌を含んでいた。

国立大学歯学部における調査 (2000)
通常の歯科治療に利用されているデンタルユニット水を調査。月曜始業前に、タービン末端で平均220,000CFU/mlの水中生菌を確認し、水ラインチューブのいたるところでバイオフィルムの形成が認められた。(サンプリングした水ラインでは、全てのユニットの配管ボックス内に中空糸素材の 水除菌フィルター(0.1μm)が設置されていた。エアタービンには全て逆流防止装置がついていた。 スリーウェイシリンジは末端に治療ごとの使い捨てチップを使用していた。)

私立大歯学部の歯科治療水調査(2001)
診療直後にエアーウォーターシリンジ(AWS)からの水に平均7,180CFU/mlの生菌を確認。翌朝には、直後には認められなかったユニット止水栓部の水中の細菌を確認した。診療翌日のAWS部の水の10/15(67%)は、水道法水質基準に「不適合」であった。

ユニークな対応

保証の無い保険診療においても医院独自の規程に基づき2年間保証します。
自費診療もその治療方法に応じた期間の保証が付きます。
診療をしていない時間は無料相談の時間としています。
無料相談は当日の電話受付、当日来院のみです。電話受付の時点で予約の入っていない時間があるときのみ対応します。電話で無料相談希望とお伝えください。
なお、通常の診療予約に制約はありません。
詰め物や被せものが取れた場合、その金属を持参するとその金属の種類と形態に応じて買い取ります。また、当クリニックで外した場合も同様に買い取ります。
なお、保険の金属は金の含有量が少なく分析にかかる費用の方が高くつきますので、歯ブラシなどとの交換とさせていただきます。
小さな診療所の場合、保険診療ではクレジットカードを使用できない場合が多いです。
当クリニックでは保険診療、自費診療、物販などすべてのお支払いで使用できます。

クレジットカード利用